外壁リフォームを関西エリア(西宮・堺・八尾)でお考えなら【クレバー】へ

コラム

  1. TOP
  2. 外壁リフォームに関するお役立ちコラム
  3. 八尾の外壁リフォーム(塗り替え)は【クレバー】へ!価格(相場)のご相談承ります~外壁の防水に欠かせないシーリング材~

八尾の外壁リフォーム(塗り替え)は【クレバー】へ!価格(相場)のご相談承ります~外壁の防水に欠かせないシーリング材~

八尾の外壁リフォーム(塗り替え)はお任せ

八尾の外壁リフォーム(塗り替え)はお任せ

八尾外壁リフォーム塗り替え)をお考えの方は、【クレバー】にお問い合わせください。工事の技術はもちろん、【クレバー】にとって最も大きな強みである提案力・対応力で、ご自宅が再びよみがえっていく満足感をご提供いたします。

外壁リフォーム(塗り替え)・防水工事・インテリアリフォームなどをお考えの方は、ぜひご相談ください。

また、お問い合わせの際はお電話をご利用いただくとスムーズにご連絡いただけます。メールからのお問い合わせの場合は担当者からお電話を差し上げますので、ご希望のお時間を明記ください。

シーリング材の役割とメンテナンス

シーリング材の役割とメンテナンス

シーリング材はサイディングボードやタイルなど、外壁の隙間や窓枠などを防水する重要な役割です。シーリング材が劣化することで防水性能を失い、ひび割れから雨水が入り込みます。そのため、メンテナンスが非常に重要となります。

打ち替え工法

打ち替え工法とは、現在使用されているシーリング材をすべて剥がし、新しいシーリング材を詰める工法です。サイディングボードの間にバックアップ材と呼ばれる素材が入るため、シーリング材と外壁がしっかりとリンクし防水機能を高めることが可能です。

増し打ち工法

増し打ち工法は、すでに施工されたシーリング材の上から新たなシーリング材を打ち直す工法です。増し打ちを行うためには、既存のシーリング材に劣化が見られない・1cm以上の厚みを確保できるといった条件が必要になります。

先打ち・後打ち

シーリングの順番には、「先打ち」と「後打ち」があります。先打ちではシーリングの上から塗装を行い、シーリング材を紫外線などから守ることができます。後打ちの場合は塗装の上にシーリング材を打つため、塗装のひび割れが起こらず美しく仕上がります。

八尾で外壁リフォームの価格(相場)にお悩みの方は【クレバー】へ

八尾で外壁リフォームの価格相場)にお悩みの際は、提案力・対応力を強みとする【クレバー】にお問い合わせください。【クレバー】では無料の建物診断や劣化の程度、建物にあわせた補修・材料などご提案いたします。

【クレバー】で扱っている高耐候性の「NFシリーズ」や「NFプレミアシリーズ」の塗料は、ひび割れや紫外線などの劣化を防ぎ美しさを長期間維持できるため、今後のメンテナンスコスト削減に役立ちます。西宮・堺・八尾からのお悩み相談も承りますので、お気軽に電話・メールにてお問い合わせください。

お役立ちコラム

八尾で外壁リフォームのご依頼なら【クレバー】へ

会社名 株式会社クレバー
住所 〒559-0034
大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟5F K-2
TEL 06-6612-1113
URL http://www.clever-ltd.com